CodeEdu/卒業生

【レポート】CodeEdu/卒業生による学生プロジェクト開催

CodeEdu/は各地の大学と連携してプログラミング教育指導者を養成しています。

その一環として名古屋文理大学とも連携しており、2018年度前期のCodeEdu/には、名古屋文理大学の学生のみなさまが参加してくれました!

CodeEdu/でプログラミング教育法を修了してからも、積極的に活動している学生さん達の姿は、色々なアイデア、思いを抱えている方々の刺激になるのではないでしょうか。

名古屋文理大学の学生さん達が行った「コード教育プロジェクト」に関して、丁寧なレポートを書いて頂いたので、皆さんにもぜひ読んでいただきたいです↓


IMG_0113.JPG

①イベント設立の経緯
Code Edu/を卒業したのち、「コード教育プロジェクト」という学生プロジェクトを立ち上げた。
・そのプロジェクトにて、小学生へのプログラミング教育について研究を進め、教育ノウハウと教材を蓄えてきた。
・夏に毎年開催している稲沢市と名古屋文理大学の公開講座(2日間の単発講座)はとても人気があり、今後も継続したプログラミング教室が地域から望まれていたため、今回の開催に至った。

②イベントの目的
・小学生に楽しくプログラミングを学んでもらう。
・2020年に迫った、小学校でのプログラミング必須化に向けてのモデルケースとなるように開催した。

③イベントの内容
GOOCUSOzobotを使用したプログラミング教室
・大学保有のPepperやiPadを使ったプログラミング体験

④参加者のリアクション
「どんな風に動くかを考えるのが楽しかった」と受講者の方
「毎週とても楽しみにしていました」とお母様からもお言葉を頂きました。

⑤イベント主催者の感想
毎回子供たちの柔軟な発想に驚いてばかりでした。
新たな発見の連続で、スタッフ一同、非常に貴重な経験となりました。
ご参加して下さった、受講者の皆さん本当にありがとうございました。

IMG_0385.JPG

いかがでしたか?地域に密着し、今後も継続したプログラミング教室開催を見据えている「コード教育プロジェクト」、とても素敵ですよね。

みなさんも、CodeEdu/に参加し、名古屋文理大学の学生さんのような活動ができる「プログラミング教育指導者」になりませんか?